脱毛のイイところワルイところ

脱毛のイイところワルイところ

停滞期が起こる理由を正確に理解する
体の危機管理システムたる、ホメオスタシス効果が発動したら、いくら食事を減らそうとも、運動量を増やそうとも、摂取カロリーと消費カロリーは天秤のごとくバランスを取り、その結果体重も、ぴったり張り付いたように変化しない(停滞)ようになります。
で、学生の時にやってた方法は、
45度までを繰り返しやる
というやり方です。
やってみたら分かるのですが、腹筋には普通に力をいれるし、 その割には体力的にすごく楽です。
そしてこれを
1秒間隔などでテンポよく跳ねるようにやります。
ゆっくりやってしまうと楽に体が浮くところまでで下ろしてしまうので、
一瞬腹筋にグッと力をいれ体を浮かす
というやり方を10回や20回と決めておいて、 一気にやってしまいます。
「一瞬でもいいのでおもいっきり力を入れると効果がある」
というのを繰り返しやるわけですね。
試しに一回やってみて下さい。腹筋死にそうになります。(笑) その割りに体は結構楽なんですよね。

 

「それじゃあ、ダイエットなんて永久にできないじゃん!」

 

という声が聞こえてきそうですが、そこは人間の体はうまく出来ているといいますか、1ヶ月ほどの、消費カロリーと摂取カロリーの状態が続くと、体が危機管理体制を解除するのです。いわゆる「遭難したと思ってたらダイエットだったのね。命に別状はないのね」と体のほうが、理解してくれるのです。

 

体のほうが理解してくれたら、ホメオスタシス効果は解除され停滞期は終わり、また次の停滞期まで順調に体重が減っていきます。停滞期があるということは、消費カロリーがかなり摂取カロリーより少なくなってきたことから始まりますので、「停滞期があるというのはダイエットが順調な証拠」ともいえます。

 

1ヶ月ほどすれば停滞期は終わるので、停滞期の対処法としては、現在自分の体におきていることを、正確に理解しパニックになったり諦めムードにならず現在行っているダイエットを継続していくことです。停滞期になるのはダイエットが順調な証拠なのですから。

 

停滞期のその他の対処法
体重の減少計画を調整する

 

ホメオスタシス効果をできるだけ和らげるために、1ヶ月の体重減を5%以内に抑えることが有効です。そして、ホメオスタシスが解除される1ヶ月というスパンを利用して、ホメオスタシスが発動していない最初の月は体重の5%以内で体重を減らして、ホメオスタシスが発動している、次の月は体重を減らさず現状維持を心がける。そしてホメオスタシスが終わった次に月はまた体重の5%を落とす。そうすることにより、ホメオスタシス効果を最大限に和らげることができます。

 

脂肪にならない栄養素の補給

 

ホメオスタシスは、体が栄養不足を感じて発動するので、脂肪に変化しない微量栄養素(ビタミンやミネラル)を十分摂取することで体の栄養不足と感じるセンサーを可能なかぎり鈍感にします。一人暮らし等で食事内容を調整するのが難しい人は「サプリメント」がお勧めです。

 

私の場合、それでもやっぱり足が浮くので、腹筋用のベンチシート買いました。
安いものなら数千円であるし、 これある方が体がもっと楽なんですよね。
足が押さえられるので腹筋に力を入れやすくなるし、 その方が鍛えられてる感じがします。
ちなみにこの商品、斜めの物と平らな物の2種類あるじゃないですか。
両方やってみた事あるんですが、 やっぱり斜めの方がやりやすいし効果もありそうです。
ただ、使わなくなったら使い道がないです。
平らな物なら椅子やちょっとした台にもできるので、 やる気があるなら斜めの物、 そうでないなら平らな物をおすすめします。

 

停滞期にダイエットを諦めるとリバウンドする
せっかくうまくいっているダイエットを、停滞期で「もう努力しても体重減らないからやめた」となるのは、非常にもったいないです。必ず停滞期は終わります。そして体重が順調に落ちていく日は必ずきます。

 

1回目の停滞期を乗り越えると、ダイエットはうそのように楽になります。それは停滞期というものが必ず終わるものだということを実体験できるからです。一度経験をすると2回目以降の停滞期に落ち着いて対処できるようになりますから。

 

そして、停滞期中にダイエットを中止すると、ダイエット失敗だけでない恐ろしいことがおきます。それがリバウンドです。ダイエットを始めたときよりも体重が増えるばかりでなく、痩せにくい体になってしまうのです。

 

停滞期とリバウンドはワンセットです。なぜ停滞期中にダイエットを諦めると、リバウンドするかその理由と対策を見ていきたいと思います。

停滞期とは
体重を計り記録して右肩下がりの体重グラフを見ることが楽しくなり、ダイエットが回り始めると、あるラインまでは体重はびっくりするほど簡単に落ちていきます。しかしあるラインから、どんなにがんばっても体重が減らない時期がきます。これが停滞期です。

 

停滞期がなければ、ダイエットはそれは楽しいものになります。努力が完全に報われ、達成感のままにダイエットを継続していけばかなりの確率で成功していくでしょう。逆に言えば停滞期対策をしっかりしないとダイエットの成功率はぐっと下がるということです。

 

そして停滞期は、主に「ホメオスタシス効果」によって引き起こされます。

 

楽な腹筋運動
お腹を凹ますために腹筋運動をしたことのある人も多いと思いますが、 普通にやっても辛いし全然続きませんよね。
それでも比較的効果があって、長続きする方法を紹介します。

 

ホメオスタシス効果とは
ホメオスタシス効果が働く理由
ホメオスタシス効果とは、簡単に言うと「体の危機管理システム」です。人間の体は取り巻く環境が変わっても、体温維持、血糖値の調節、浸透圧の調節 など、生きていく上で重要な機能を常に正常に保つ働きを持ち、 その働きをホメオスタシスといいます。

 

遭難者が僅かな食料で何日間も生き抜き奇跡の生還を果たすのもホメオスタシスによる身体の危機管理システムが働いた成果と言え、ダイエット、特に極端な食事制限でダイエットをしている人は、遭難者と同じ環境になっているといえます。

 

1ヶ月で体重の5%以上体重が減ると、最大限に働き始めるといわれています。(意外と簡単に効果発動するもんですね)ということは、ダイエットにおいて1ヶ月の体重の減少を体重の5%以内に抑えることが最大の停滞期対策になるということです。

 

ホメオスタシスによる現象
食べ物から得られるエネルギーの吸収率を上昇させる

 

私は腹筋運動が超苦手です。
足を押さえて貰わないとすぐ浮いてしまうし、 そのせいで体全部に力を入れてしまってヘトヘトになります。
そんな私ですが、これでも学生の頃は腹筋が割れてました。
学生の頃から腹筋は苦手でしたが、 結構続けられる方法でやってたので効果もあったと思います。

 

普段は食事の100%全てがエネルギーとして吸収されていません。 脂肪細胞に蓄えきれなくなった余分な栄養はそのまま体外に排出されるんです。 しかし、体が栄養不足と感じると、これまで余分であった栄養までを吸収することによって少ない栄養を効率的に利用できるようにします。 ということは、空腹を我慢してせつない思いをしたり、イライラするのに、体内に吸収されるカロリーは、以前と全く同じということもありえるので空腹損になってしまうということです。

 

私の場合腹筋してる中で一番苦手なのが、 やり初めから45度を超えたあたりくらいからです。
初めの45度くらいまでは普通に体を浮かす事ができるのですが、 そこから先が辛いんですよね。
ただ思うのが、45度を超えてからって腹筋あんまり関係ないんじゃないですか?
特に腹にお肉が溜まってからは余計できなくなったし、 そういう場合は特に45度を超えてからは意味がないような気がします。
いやまぁ、やる方がいいのは分かってるのですが・・・。

 

体が消費するエネルギーを減少させる

 

吸収する栄養が不足した場合、体内で消費されるエネルギーを節約し 普段と同じ活動ができるようにします。このときにものすごい運動をしたとしても、消費されるカロリーは以前と全く同じということもありえるので、ダイエットにおいては恐ろしいことに全くの損かもしれないのです。運動損になってしまいます。

 

私が今ダイエットでオススメなのは、てんちむプロデュースのレコシェイプというダイエットタブレットです。
本当にオススメなので是非チェックしてみてくださいね!

とても簡単で運動になりそうにもなく、ダイエットにもなりそうでもない事を書きますが、 最も重要な『一生続けられる事』を最大の目的としてます。

 

何をするかと言うと
・日常生活でしている事の負荷を増す
というとても簡単な事です。
個人的にはこれが一番効果があり、長続きします。というかずっとやってますね。

 

ダイエットの成功と失敗の明暗を分けるのは【快楽物質】!
ダイエットが失敗するのは、それが苦しいことだからです。
ダイエットの敵の甘いものや脂っこいものを食べるのは、それが気持ちいいからです。

 

【苦しい】や【気持ちいい】という感情をコントロールしているのが、快感物質(β−エンドルフィン)で、甘いものや脂っこいものを食べるのをやめられない理由は、この快楽物質だったのです。この快楽物質をダイエットに有利なようにコントロールは可能です。

 

正直、右肩下がりのグラフを見てると、気持ちいいです。これは僕が危ない人というわけでなくて、アブラや糖分を摂取した時にも出る、 快感物質(β−エンドルフィン)が脳の中に出るかららしいです。つまり、右肩下がりの体重グラフを見ることが、糖分等を取ることの代価行為になってきたんですね。

 

運動しなくちゃな〜・・・。
と普段から思っていてもなかなか出来ないものです。

 

で、いざ始めてみても三日坊主が関の山です。

 

私の場合、ジョギング、筋トレ、入浴法、健康器具など色々やりましたが、
どれも当たり前のように三日坊主です。\(^o^)/

 

そこで思いついたのが普段やってることの負荷を増したらちょっとくらい効果あるんじゃない?
というものです。

 

ちなみに、健康診断で結果が悪い時に、運動して下さいとか野菜取って下さいとか言われますが、
それが常日頃から出来たらそんな結果にはなっていないわけですよ!
『座り仕事なら足上げてるだけでも効果ありますよ』とか言われても
続くわけがありませんし!

 

僕は実際、右肩下がりのグラフを見始めて、アブラや糖分の摂取は確実に減りました。そして、ダイエットするのが気持ちよくなってきたのです。あと、徐々にではありますが食事の量も減ってきて、以前の「単品を大量に」から「美味しい物を少しづつ」という 食嗜好の変化が出てきました。

 

そして回り始めるダイエット良循環 ダイエットは本来楽しいもの?
「もっと体重を減らしたいな」と思うようになると、ライフスタイルに合った持続可能なものを少しづつ始めていくきっかけにもなります。 そして、体重もそれに合わせて徐々に落ちてきます。徐々に落ちていく体重の記録を見てるうちに「もっと出来ることはないかな」となってきたら、もうこっちのものです。

 

あとは、最初に立てた計画に無理のないように進めていくと、本来辛く苦しいはずのダイエットがゲーム感覚になってきて、 面白くなってきます。そうしているうちに、ダイエットが生活習慣になっていけばダイエットの成功率は高くなっていくでしょう。 こうして「体重を計る」ことがダイエット成功のひとつのきっかけになっていくのです。

 

私の場合は特に時間節約と言う名目のおかげか、以下の方法がずっと続いています。
やっていることはとても簡単。

 

そんな簡単にいくのかな?と思うかもしれません。そうです「体重を計る」だけでは乗り越えられない峠があります。 停滞期とリバウンドというやつです。体重の右肩下がりのグラフを眺めているのが楽しいと、それだけになかなか体重が減らない 停滞期の乗り切り方が大切になって来ます。

 

それではダイエット成功のための知識・停滞期対策を見ていきましょう。

 

・移動の時にダッシュ(3メートルくらいの距離。トイレですけど(笑))
・頭や体を洗う時にちょっと速く。(拭く時も)

 

正直これくらいです。
ちなみにこれを始めてから体重は4キロほど落ちました。
多分まだ落ちると思います。

消費エネルギー>摂取エネルギー(1kgの脂肪=7000kcal)という、ダイエットのたった一つの方法を長期的にサポートする最も有効な手段のひとつだからです。

 

例えば、1ヶ月に1kg体重を落とすダイエット計画を立てるとします。1kgの脂肪を落とすためには、1ヶ月間の7000kcal消費エネルギーの摂取を抑えるか、 消費エネルギーを増やせば落ちますが、1ヶ月で7000kcal摂取エネルギーを抑えるには、特に運動をしなくても今までと同じ生活の中で、 1日3食の方であれば、1食80kcal(コンビニのおにぎり半分)の食事を抑えるだけで1ヶ月に1kgのダイエットは成功します。

 

ダイエット中止後も「体重を計り記録すること」さえやめなければ復活戦がある
仕事が忙しくなったなどの理由で、ダイエットを中止したとしても、しばらくは体重を毎日記録することだけは続けることををお薦めします。ダイエット中止時はリバウンドがかなりしやすくなっていますから、体重を計っていないと知らないうちに元の体重に戻るだけでなくダイエット開始時よりも体重が増えているということがよくあるからです。

 

単純計算ではありますが、これを1年続けると12kgのダイエットに成功しますし、これだけゆっくりとダイエットした場合、ほとんどの場合 リバウンドがない理想的なダイエットとなります。

 

これを読んで、「そんなことは分かってる!問題はそれができないから苦労してるんじゃないか」と思う方もいらっしゃると思います。 そこで、「体重を計るだけダイエット」の出番なのです。

 

ダイエットをそんなに難しく考えないで【面倒なカロリー計算はいらない】
意図して、消費エネルギーを摂取エネルギーより1日230kcal少なくするなんて、僕にはできません。自分の基礎代謝と運動消費カロリーを計算して、 全ての食事のカロリーを記録するなんて、考えるだけで頭痛くなってきそうです。

 

【おうがすと】も以前のダイエットの時経験しました。そして「なぜあの時体重を計ることを止めてしまったのか!」と深く後悔しています。体重を記録していき、落とした体重を維持することができれば、またダイエットを始められる時期になったら、そこから始められるのは大変良いことです。

 

1度のダイエットで最終目標までもっていくのが理想ですが、リバウンドさえ防げば、2〜3kgずつのプチダイエットを繰り返すことでいつか、目標体重にするというのも一つの方法ではないでしょうか。

 

でも、毎日決まった時間に1日2度体重を量り、そして1日だいたい何を食べて、どういう行動をしたかを記録するぐらいならやれそうです。 「ああこういった食事すると摂取カロリーが多くて体重が増えたんだな」とか「こういうことをすると消費の方が多くて 体重が減ったんだな」という日々の記録が、ダイエットに役に立ちます。

 

体重の記録をみて、ざっと消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスをみていくのです。 長続きのコツは「だいたいこんなもん」という適当さなのです。

 

体重を計り記録していくとそのうちにある変化が・・
最初特に、なにもするでなしに、まず体重を計り記録していっていくと、それを眺めているうちに「こういうことをしたら体重が増えて」 「こうしたら体重が減った」なんてことが段々分かってきます。

 

そうして体重が増減していく原因を理解していくと、不思議に(もともとダイエットしたいと思ってる方なら特に) 体重を増やす行動が、減っていき体重を減らす行動が増えていくのです。 その結果、体重が減ってきて、体重のグラフが右肩下がりになっていくと、「もっと減らしたいな」という気持ちになって来ます。

 

明確で無理の無い計画設定がダイエット成功の第一歩
人間どの分野でも、はっきりとした目標があれば準備をし達成へと着実に進むものですが、ダイエットに関しては特にそうだと思います。なぜならダイエットは、リバウンドをせず成功するためにはある程度の長期戦になるからです。

 

歌ってダイエット!
みなさん歌うのって好きですか?好きですよね!私は大好きです!
そんな歌を歌うだけでダイエットになるならこれほどいい方法はありません!!!

 

「体重を計るダイエット」は、「 リバウンド対策 」であったように1ヶ月に体重の5%以上減らさないことを基本戦略としていますが、一度ダイエットを中止して猛烈なリバンドを喰らった経験から、結局のところのんびり長期的にダイエットすることが一番のダイエット成功への近道だと思いました。

 

1曲歌う消費カロリーって10〜20キロカロリーくらいあるそうです。
10分間歩いた時の消費カロリーが20キロカロリーくらいだそうなので、 普通は1曲5分もないので、2〜3曲歌えば同じくらいかそれ以上になります。
つまり、歌い続けると歩き続ける以上にカロリーが消費できることになります。

 

この時の消費カロリーは、大きな声で歌うほうが高くなるのですが、 それよりも腹式呼吸で発声することが更に効果を高めるそうです。
確かに、腹式呼吸でするとお腹に力をいれますし、 下腹が結構動くので、特に下腹には効果があるかもしれません!

 

ダイエット目標の設定の目安
BMI数値
ダイエットのゴールをどこに設定するかですが、目標を持ってる人は、その目標にするとして、特に決まっていない人の当面の目標は「BMI数値=22」になる体重目標をお薦めします。 理由は「BMI数値=22」の人が医療統計上最も健康で長生きしているからです。

 

ただ、そんなに大声で歌う機会ってそうそうないし、 毎日カラオケ行くわけにも行かないですよね。
と思ってたら!
ボイトレしようよ!の日頃の練習方法 に書いてるやり方ならほとんど声を出さなくても効果がありそうです。 歌も上手くなってダイエットにもなるって、 これ以上にいい方法は他にないかもしれません!!!
腹式呼吸の発声のやり方も書いてるので参考にして下さい。

 

歳とってからクラシックとかラジオとか聞いてばっかりで全然歌わなくなりましたが、 若い頃聞いてたCD引っ張り出してきて、移動中とかに歌ってみようと思います。
みなさんもぜひやってみて下さい!

 

BMI(Body Mass Index :体格指数)とは、体重と身長のバランスをチェックして外見的な肥満度を調べる指数です。国際的な指標であり、日本肥満学会でもBMIをもとにした適正体重の算出法を採用しています。

体重を計り、記録をつけて体重を維持できさえすれば、ゆっくりと自分のライフスタイルと体質にあったことを少しづつすることでいつかは、必ず自分の目標体重に至るはずです。色々な方法を試していって、長続きしないものはやめちゃいましょう。

 

きっとその方法は貴方のライフスタイルに合わなかったんですから。次の方法にいきましょう。そしてそのうち自然に長続きできるライフスタイルに合った方法が見つかるはずです。自分にあったものは続けていくことが出来て習慣とすることが出来るのですから。

 

ダイエットが続かないわけ、続けるコツ
ダイエットを始めても多くの人は続かないわけですが、
ダイエットに成功!と言う場合でもいわゆるリバウンドのような形で元に戻る人も少なくありません。
特に後者の場合はあまりに当たり前の理由があります。

 

「ダイエットとは単に体重を減らすことではなく 減らした体重を維持することができる生活習慣を身につけること」だと思います。生活習慣ですから、それは特別なことではありません。日々の生活で実行可能なことです。

 

僕の学生時代の後輩は、鋼の意思を持って半年殆ど、毎日豆腐だけ食べて25kgのダイエットをしてましたが、結局体重は元に戻ってしまいました。一生豆腐だけ食べているわけにはいきませんし、豆腐だけの生活をやめた瞬間にリバウンドが始まっていったのです。

 

それは
一定体重をキープするにはずっとその食生活や運動を続けなくてはいけない
と言うことです。

 

つまり、
ダイエットをダイエット食品に頼った場合は、ずっとそのダイエット食品を食べ続けなくてはいけない
と言うことです。

 

結局のところ体重とか体型とかは、生活習慣を映し出す鏡なのです。 長続きが可能なダイエット方法を発見し、それを生活習慣とすることが最大のリバウンド対策になります。

 

ダイエットは本来楽しいもの
生活習慣が崩れてくると「生活習慣病」といわれるものが出てきます。ダイエットの目的は、大体の人が健康できれいな体で生活を楽しむことだと思います。だから本当のダイエットは、楽しいものなのです。(健康できれいになれるのだから!)一方、苦しいダイエットはほとんど失敗します。楽しいダイエットをできればダイエットは成功する。当たり前のことですが、以前の僕も含めてダイエット失敗例が少なからずあるのは、楽しいダイエットをすることはちょっとしたコツがあるようです。

 

ダイエットを苦しいものではなく楽しくする方法の一つとして「体重を計り記録する」ことと、「停滞期とリバウンドに関する知識」を知っていることが有効だと思います。これがあるから僕は今回のダイエットは、めっちゃ楽しいーとまではいきませんが、楽な気持ちでやや楽しく(右肩下がりのグラフを見てとちょっと快楽物質を垂れ流しながらw)ダイエットをしています。

 

『このダイエット食品のおかげで10キロもやせた!理想体重になったから普通の食事に戻そう。』
と言うようなパターンは間違いなく元通りの体重に戻ります。

 

同じような理由で運動器具も
その運動器具を途中でやめてしまったらそこでダイエットは終わり。
で、元通りの体重に戻るわけです。

 

※余談ですが、僕はダイエットの目標体重まで落とした時点でダイエットのちょうど折り返し地点で、 1年かけて目標体重まで減らしたら、体重を落とした同期間その体重を維持して初めてゴールだと思っています。本当に長期戦です。合言葉は「無理なくできることだけをする」です 。

 

目標が達成していくことは楽しい。(でも無理は禁物)今ダイエットは趣味となっています。順調だと結構楽しいですよ。「体重を計り記録する」「ちょっとしたダイエット知識」に加え、あとは明確で理にかなった目標が加わればダイエットの成功率は今までよりは結構高くなると思います。 それでは具体的なダイエット目標の立て方を見ていきましょう。

 

その様なダイエット食品や運動器具を否定するわけではありません。
メリットもありますし、それは別ページにて。

 

とにかく言いたいのは、運動にしてもダイエットにしても、
『一生続けられることじゃなければ、意味が無い!』
と言うことです。

 

このホームページは、『とにかく続けられる事』を最大の目的とした、
気軽になおかつ効果的な様々な方法、考え方を紹介するサイトです。

 

基本は 一生続ける運動法 ですが、
その他のページでも、効果があり比較的続けられる内容を書いているので、
ひとつでも多く、あなたにとって続けられる事が見つけられたら生活の中に組み込んでみてください。

おうがすとのにがり&もろみ酢ダイエット結果(1ヶ月間=8月期)
先月平均体重 79.5kg  8月平均体重 78.3kg(-1.2kg) 9月平均体重 77.6kg(-0.7kg) 先月平均脂肪率 24.9%  8月平均脂肪率 23.6% (-1.3) 9月平均脂肪率 22.8% (-0.8)

 

以上の記録をみていくと、にがり&もろみ酢のダイエット効果は、たしかにありますが、劇的なものでなく、じわじわ効いてくる漢方的な効果なのではと、推測されます。(これはあくまで【おうがすと】の結果であって、個人差はあると思います)

 

ダイエット目標と期間が決まればあとは実行へ
ダイエットの目標と期間が決定しダイエットを始めるにあたって、まず体重計と体重を記録するものを用意してください。そのあと色々な自分のライフスタイルにあったダイエット方法を始めていけば良いと思います。なにも始めなくともまずは、体重を計り始めることからやってみるのもいいでしょう。

 

他にも、にがり&もろみ酢ダイエット中は、疲れにくくなった、よく寝むれた、快便ができたなどダイエット以外にも効果があり、健康・美容的に優れた食品であるというのは実感しました。健康・美容上の効果がダイエット効果にもつながっているという感じです。

 

にがり&もろみ酢ダイエットで使用した商品
琉球 黒麹 もろみ酢  1,980円 900ml 1日 30ml*2   15日分
浜御塩の海水にがり 170ml  525円 170ml 1日 25滴程度  60日分
ダイエットコスト 1ヶ月間 4,485円(もろみ酢2本・にがり1本) 1日当たり 150円

 

マグネシウムの過剰摂取は、健康を損なうおそれがあるので、日々の食事内容によって調整が必要です。にがり&もろみ酢ダイエットを始める方は、過剰摂取に気をつけて、自己責任でお願いします。

 

健康的で美容的な生活を手に入れるのがダイエットの目的です。そしてダイエットの基本知識を知り、明確な目標を設定し、体重を計り記録するとこで成功率の高いダイエットが始まります。「Let's!体重を計るだけダイエット!」

 

「計るだけダイエット」を実際に行ったダイエット体重記録やその体重記録方法やダイエット方法やダイエット用品・器具・本もあるので良かったら見てくださいね。

全身脱毛とはまさに文字通り全身の脱毛をすることです。多くの脱毛エステであれば取り扱っているものであり、全体に効率よく施術できるためリーズナブルで効果的であると言われています。自分が見えない箇所も含めてトータル的に施術してくれるため、脱毛をするのであれば全身脱毛がお勧めです。

 

少し前までは脱毛というとニードルを使った電流施術であったため、痛みを非常に伴う脱毛となっていたので全身に施すと痛みと体の負担が多く実施が難しかったのですが、最新のレーザー技術によりほぼ痛みがなく肌にストレスを与えることなく脱毛できるようになり、全身脱毛に対するニーズは増加しています。

 

さらに、全身脱毛はコストが高いという側面もありましたが、新技術の開発で大幅にコストも抑えることができるようになり全身脱毛といえども手ごろなお値段で実施することができるようになりました。 今では永久脱毛が当たり前になってきているので、一度、全身脱毛をしてしまえば、後は簡単なお手入れだけで済むということもうれしいですよね。毎日、自宅で脱毛処理をすることは大変で累積コストを考えると経済的ではありません。コストや美容を考えるなら全身脱毛エステがお勧めです。

続きを読む≫ 2014/01/31 13:36:31

ケノンが支持される理由とは一体なんなのでしょう?
それを以下でご紹介します。

 

発売からいきなりの爆発的ヒット!レビューでも高評価!
発売してからわずか3日で楽天市場の全家電ランキングにおいて第1位を獲得したケノンは、その後も脱毛器部門でなんと25週連続で第1位を獲得しました。

 

そしてこのケノンは、レビューの評価もとても高いんですよ。
安全で使いやすい点やコストパフォーマンスが高い点などが高い評価を得ています。

 

カートリッジ式だからできた素早い脱毛!
ケノンは使用方法が簡単なカートリッジ式の脱毛器です。
残りのショット数もディスプレイに表示されるので、交換のタイミングも簡単に把握することができます。

 

ただ、カートリッジ式ですと本体価格以外にもカートリッジ料金も考慮に入れなければなりません。
本体価格が安くても、カートリッジ料金が高ければ、ランニングコストが多くかかってしまいますからね。

 

※失敗しない脱毛
無駄毛処理はこれまで自分でする人が少なくありませんでしたが、自己流でしてしまうと余計に毛が濃くなってしまったり、肌を傷めてしまうことも少なくありません。世間では脱毛に関する都市伝説的な方法が雑誌などで紹介されることもありますが、眉つばものも多く実際に肌に負担をかけて取り返しのつかない事になってしまうこともありました。最近では技術の進化もあり低価格で痛みもなく安全な脱毛も出来るようになってきましたので、トータル的に考えるなら脱毛エステを利用した方が良いと思います。

 

 

※身体のムダ毛を脱毛して、美しい素肌を保ちましょう
綺麗な肌の条件というのは、見た目がツルツルした感じがあり、思わず触ってみたくなるような肌の事を思い浮かべる人が多いと思います。確かにスベスベの素肌というのはとても美しく、他人の目も気にならないので、堂々とした振る舞いができると思います。そのスベスベの素肌というのは、なにも顔のみの話ではないようで、身体にも言えるようです。身体のスベスベ条件と言えばなんといっても、ムダ毛でしょう。どれだけ顔が美しくても、身体にムダ毛がたくさん生えていたら台無しになってしまいます。それも個性と言えば個性になるのですけれども、やはり出来るならば女性である以上、美しい肌でいたいものです。身体のムダ毛に悩んでいる方は是非、脱毛を検討してみましょう。まずは自宅で出来る脱毛から試してみて、ムダ毛がない状態がどれだけ美しいのかをしっかりと認識すると良いと思います。ありとあらゆる場所を一度に脱毛するのはちょっと困難なのでどうしても自分が気になる箇所だけまずは気合を入れて処理するだけでも全く変わってくると思います。ムダ毛を処理することで、垢抜けた印象になるものです。是非、美しい素肌でいるために、無駄なものをまず排除していくように心がけましょう。

 

 

続きを読む≫ 2014/01/31 13:35:31

口コミで大人気!
たくさんの口コミサイトで大人気になっています。
高評価の口コミが多いことから、それが決め手となり、イーモを選んだ方も多いんですよ。

 

カートリッジ式だから簡単!
イーモはカートリッジ式の脱毛器です。
しかしカートリッジ式だと、ランニングコストが気になるところですよね。

 

イーモの場合はそういった心配はいりませんよ!

 

イーモのカートリッジは一般的な脱毛器よりも寿命が長いですから、ランニングコストも安く抑えることができます。

 

ショット数豊富がうれしい!
カートリッジ1個あたりのショット数が1,000発という脱毛器も少なくない中、イーモの場合はカートリッジ1個あたり6,000発ものショット数を誇っています。

 

このため1ショットあたりの費用はわずか1.4円となっています。

 

またカートリッジの照射口も広いですから、効率的な脱毛が可能です。

 

手になじみやすいデザイン!
イーモを使ってみるとわかりますが、イーモは大変手になじみやすく使いやすいデザインとなっています。

 

また、利き手ではない方でもしっかりと手になじみますから、利き手の方のムダ毛を処理する場合でも、問題なくお使いいただけます。

 

そしてイーモは、握ると同時に自然と人差し指がボタンに触れる様なつくりになっているんですよ。
人間工学も基づき開発されたため、この様な使いやすさが実現しているのです。

 

騒音が気にならない安心設計!
今まで他の家庭用脱毛器を使用したことがある方ならご経験があるかと思いますが、家庭用脱毛器は意外と音が大きいんです。
しかし、イーモはそういった家庭用脱毛器と比べますと音が静かですから、時間帯を気にせずにお使いいただけると思います。

 

ですがこのイーモ、現在は販売されていません。
それはイーモのバージョンアップ版であるケノンが発売されたからです。

続きを読む≫ 2014/01/31 13:34:31

ホーム RSS購読 サイトマップ